状況によって腰痛グッズを変える

万一、ヘルニアになってしまった場合、どのような対処法があるのかわからない人がほとんどです。しかし、病院に行くことはもちろんですが、日頃のケアというのは腰痛改善グッズを使用することによってできます。腰痛改善グッズも様々あり、状況によって使用するものを変えるようにしてください。まずヘルニアを悪化させる要因としては、背中を丸めたような姿勢をずっと続けることです。圧力がさらにかかって神経を圧迫させてしまうので、痛みが増長します。そのため腰痛改善グッズを使用する際は姿勢を正すよう働きかけてくれるものを選びます。

 

まず、デスクワークをしている人が使用すると良い腰痛改善グッズは低反発の骨盤矯正クッションです。座るだけで骨板を支えてくれるため、正しい姿勢を保ち続けることができます。椅子の買い替えなども不要なので、職場で使用するには最も手軽なものだといえます。また、車を運転するような仕事をしている場合に使用すると良いものは、背中におけるようなクッションです。低反発やウレタン素材のものを使用すると体のラインにフィットするので非常に腰痛が楽になります。人間の腰にはS字にカーブしているものなので車のシートと背もたれの部分に空きができてしまいます。そのため空いた部分を腰が支えようとして腰痛を悪化させてしまうので、その隙間を埋めるためにクッションが重要な役割を果たしてくれます。基本的に低反発のものを使用するとどのようなシチュエーションでもヘルニアの人は痛みが楽になるので、意識すると良いです。

 

使って満足な腰痛グッズ

どんな仕事でもそうですが、身体の痛みが出ると業務に支障をきたしてしまいます。とりわけ深刻だと言われているのが、デスクワークに多いとされている腰痛です。長時間の座り仕事は腰に大きな負担をかけますし、運動や歩行機能を妨げてしまうことがあります。早め早めの処置が一番ですし、痛みを軽減させることでQOLは高まるはずです。

 

腰痛改善グッズは数多く発売されていますが、定番の商品はコルセットではないでしょうか。身に付けていても目立ちませんし、幹部をサポートしてくれるので痛みを抑えることが出来ます。整形外科を受診すると購入することが出来ますし、レンタルシステムを導入している病院も増えています。大部分の患者さんが腰痛改善グッズの効果を実感していて、中には完治に至ったケースもあるようです。コルセットと併せて使用したいのが、椅子の後部に設置するクッションです。腰をサポートする役目を果たしてくれますし、価格もリーズナブルです。コンパクトなクッションが多いので、運転席にも持ち込むことが出来ます。

 

湿布薬や塗り薬も改善が進んでいて、腰痛改善グッズと併用することで効果は倍増するはずです。整骨院や整体院を受診することで、様々な腰痛改善グッズを紹介してくれるはずです。上手に使うことが日々の生活を楽しくさせてくれますし、我慢をせずに使うことがベストだと言えます。インターネット通販でも腰痛改善グッズが売られているのでは、手軽に購入することが出来ます。

 

おすすめの記事