体が痛みにくいものとは

椅子に長時間座っていると腰痛を引き起こすことがあります。これは、デスクワークなどで下を向く姿勢が続き、背中が丸まっている状態になっているので腰痛になります。無理な悪い姿勢を続けているせいです。この丸まった姿勢というのは背筋を伸ばしているよりも体に負荷がかかっているため、筋肉も疲れやすくなります。さらに血流も悪くなっているので、座っている状態でもいかに血流をよくするかがポイントになります。

 

腰痛改善グッズとして多くの椅子が販売されていますが、どのようなものが良いのかわからないと腰痛改善グッズだとしてもあまり効果が得られません。そのため、腰痛改善グッズとしての椅子選びのポイントを理解しておくようにしてください。まず、正しい姿勢を保つことが腰痛改善の第一歩と成ります。そのためには、椅子の高さが大切になってきて、高過ぎたり低過ぎたりすると体全体のバランスが取りにくく腰に負担をかけます。座った時に足首が90度に曲がった状態で床につくような高さの物を選ぶようにしてください。

 

また、柔らかい椅子も注意が必要です。座り心地が良く感じるかもしれませんが、体が沈みやすく猫背に成りやすいので、適度な硬さの物を選びます。購入する前に一度座ってみるのも一つの手です。また腰痛改善グッズとしての効果を高めるためには椅子の座り方も重要で、浅く腰掛けないこと、骨盤の位置が背骨と直角なるようにすること、かかとを完全に床につけてリラックスすることがポイントです。

 

試しに座ってみる

デスクワークをしていると、一日中同じ姿勢でいなければならないので、知らないうちに腰に大きな負担がかかっています。毎日時間をかけて入浴して揉み解したり、市販の湿布を貼っても腰痛が治らないときは、普段使っている椅子を見直すようにしてください。自分に合わないものに座っていると余計にひどくなるので、座り心地の良い腰痛改善グッズに買い替えることをおすすめします。

 

仕事の内容や癖などにより、人間の座っている姿勢は千差万別なので、たとえ口コミの評判の良い椅子を選んでいたとしても、それが自分に合わない可能性があります。書類に文字を書く仕事が多い人は前傾姿勢に、パソコン作業が多い人は後傾姿勢になりやすいので、腰痛改善グッズを選ぶときは、それぞれの姿勢をサポートする椅子を購入するようにしてください。前傾姿勢で仕事をする場合はヘッドレストはいりませんが、後傾姿勢で仕事を行う場合は付いていた方が良いでしょう。アームレストが付いていれば適度に休めるので、長時間の仕事が楽になります。

 

腰痛改善グッズを購入するときは、実際に使用してから選びましょう。通販でも椅子を取り寄せることは出来ますが、座り心地がわからないので、口コミの評判だけを頼りに選ぶと失敗する可能性があります。試しに座れば、素材の柔らかさがわかりますし、自分の体格に合うか、座りやすいかどうかも判断できます。値段が高い腰痛改善グッズを買えば、それだけ高い効果があるとは限らないので、椅子を買い替えるときは必ず試すことが大切です。出来るだけ長めに座って、使いやすいかどうかを確かめるようにしましょう。

おすすめの記事