布団選びも重要です

腰痛に悩んでいる方はとても多いですよね。とくに、慢性的に何となく痛みを感じる、違和感を感じる、そんな方は腰痛改善グッズを利用して、少しでも症状を改善していきたいところです。市販の腰痛改善グッズには色々な物がありますよね。代表的なところでは、腰痛クッションや腰痛ベルト、マッサージボール、マッサージチェアなどがメジャーでしょうか。仕事中や家でくつろぐ時間に、これらの腰痛改善グッズを使って、腰のケアを続けると少し楽になるでしょう。

 

また、寝ている時に腰が痛くなる、そんな方も多いとおもいます。ひどいと、寝返りが打てずに、起きた時に腰がかたまってしまいゆっくりしか動けない、そんなこともあるのです。腰痛改善グッズの中でも最も重要なのは毎日使う寝具かもしれませんね。たとえば、敷き布団が柔らかすぎる、硬すぎる、これが一番腰痛には良くないです。柔らかすぎると、寝ている時に腰の部分に体重がかかり腰が沈みすぎてしまいます。

 

また、反対に硬すぎる敷き布団の場合は、体がまっすぐの状態で寝ることになりますので、理想のS字状態からは程遠い体勢というわけです。床に寝ると体が痛いですよね。それと同じような原理です。腰痛で眠るのもツライそんな場合は、腰痛対策のための布団が市販されていますのでそちらを試してみるのもオススメです。体重を分散させて、腰への負担を減らす工夫がされていますので、睡眠の質を上げたい方にピッタリです。

ポイントはマットレス

腰痛に悩まされている人にとって、腰痛改善グッズを使用して痛みは和らげたいとも思うものです。腰痛改善グッズはたくさん販売されていますが、最も重要なのは就寝時間です。そのため、腰痛改善グッズの中でも眠る時に使用するマットレス選びというのが特に重要になってきます。腰痛改善グッズとしてマットレスを選ぶ前に、きちんと腰痛が発生する理由を理解しておくようにしてください。

 

原因は大きく分けて二つあり、一つはヘルニアなど骨や神経といった部分に異常があらわれている場合です。異常がなかったとしてもぎっくり腰なども注意が必要です。このような原因のあるものから、もう一つは明らかな原因やきっかけもない状態で腰痛が生じるものです。例えば重たいものを持った時に負担をかけてしまって腰痛につながっていたり、デスクワークをし続けていることによって良くない姿勢が続いて痛むようになったりなどです。しかし、これらのどの理由によって腰痛が起きたとしてもマットレスをきちんと選ぶことによって改善されます。選び方としては、体のを支えてくれること、寝返りが打ちやすいことが挙げられます。

 

マットレスで低反発を使用していると柔らかすぎて体を包み込んでしまうので、沈んでしまいます。そうなると背骨のカーブを維持することができずに腰痛が悪化してしまうので、高反発で体の部位に適度な硬さがあるかどうかです。そのためには一度横になれるような機会を設けられている店舗で購入するようにしてください。また、高反発でしっかりしているときちんと寝返りが打てます。寝返りが打てると深い眠りを維持できて疲れがとれるので、非常に良い効果があります。

おすすめの記事